FC2ブログ
相性の良い色を自動でピックアップしてくれる「ColorBlender」・無料でダウンロードできる!画像、動画、壁紙、オンラインゲームなど、無料で入手する情報満載でお届けします!

スポンサーサイト

あなたのお笑いセンス、分析しませんか? ⇒ お笑いセンス分析

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

相性の良い色を自動でピックアップしてくれる「ColorBlender」

あなたのお笑いセンス、分析しませんか? ⇒ お笑いセンス分析

ウェブサイトやブログを作る上で配色はかなり重要ですが、それ故に面倒なものです。

そういった悩みを解消するのがこの「ColorBlender」。基準となる色を1つ指定すれば、それに合う色を5色出してくれます。

詳細は続きで。

あなたの好きなアイドルを勝手に診断(笑 ⇒ 好きなアイドル診断

ColorBlender.com | Your free online color matching toolbox

スライダーでRGBを調節し、色が決まったら右の「Match blend from active colour」を押し、今のパレットを破棄することをOKする。
すると自動でピックアップされた色が出てきます。

こんな手順で簡単に操作できます。もちろん、気に入った配色は名前をつけて保存も可能です。

ページ上部の「Broese blends」をクリックすれば、既に作られたカラーパレットを見られます。

色(いろ)とは、視覚を通して得られる感覚の一種で、「形状」や「距離」の様に空間の物理的な性質ではない。色の感覚はある広がりを持った領域(視界内の物の表面など)が発する電磁放射のスペクトルを反映していることが多い。

つまり、目に入る光(可視光線)の波長と結び付いている。ある者が視覚を通して受け取る光の波長が変化すると、それに伴って変化する視覚経験の内容が色である、と言うことができる(但し、色覚が弱い人、持たない人もいる為、例外がある)。生理学的に言うと、網膜内にある3種類の錐体細胞が吸収する可視光線の割合が色の感覚を生む。これらの錐体細胞は、それぞれ黄~橙、緑、青(藍)の波長に最も反応するタンパク質(オプシンタンパク質)を含んでいる。これが3原色という感覚を生む原因である。

(引用:GIGAZINE