FC2ブログ
Flashで動作する3Dエンジン「Papervision3D」・無料でダウンロードできる!画像、動画、壁紙、オンラインゲームなど、無料で入手する情報満載でお届けします!

スポンサーサイト

あなたのお笑いセンス、分析しませんか? ⇒ お笑いセンス分析

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Flashで動作する3Dエンジン「Papervision3D」

あなたのお笑いセンス、分析しませんか? ⇒ お笑いセンス分析

Adobe Flash(アドビ フラッシュ)は、アドビシステムズ(旧マクロメディア)が開発している動画を扱うための規格、及びそれを制作する同社のソフトウェアの名称。略称はFLASH、フラッシュなどと呼ばれる。旧称はMacromedia Flash。

 

あなたの好きなアイドルを勝手に診断(笑 ⇒ 好きなアイドル診断

ベクター画像が規格の中心で、それにスクリプトで制御することによりマウスの動きに合わせてアニメーションしたり、音を鳴らしたり等、インタラクティブなサイトを作成するのに向いており、アニメーション、ゲーム、ウェブサイトのナビゲーション、音楽再生などのコンテンツを作るためのソフトウェア。再生環境への依存度があまりなく、ベクター画像であるためウインドウサイズを変えても画質が劣化しないというところが特徴。

Flashを用いるとインタラクティブ性の高いサイトにすることも可能だが、Webブラウザやプレーヤーからテキスト検索できないなどの欠点があった。しかし、Googleなど一部の検索エンジンはFlash内のテキストを抜き出して、検索対象とすることができる。

今回紹介する「Papervision3D」は、Flash8とFlash9で動作可能な3Dエンジンで、Flash 8 Image APIに最適化されており、非常にスムーズかつなめらかに動作するのが特徴。Flash9から利用可能になったフルスクリーンモードにも対応しており、360度のパノラマとか、ぐりんぐりん動きまくる3D空間とか、非常に多彩な表現がActionScriptで可能になります。

MITライセンスのオープンソースで提供予定となっています。

(引用:GIGAZINE