FC2ブログ
1980年代のゲームがブラウザでできる「1980 games」・無料でダウンロードできる!画像、動画、壁紙、オンラインゲームなど、無料で入手する情報満載でお届けします!

スポンサーサイト

あなたのお笑いセンス、分析しませんか? ⇒ お笑いセンス分析

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1980年代のゲームがブラウザでできる「1980 games」

あなたのお笑いセンス、分析しませんか? ⇒ お笑いセンス分析

80年代のいろいろなアーケードゲームのエミュレータがJavaアプレットになっており、ブラウザでアクセスするだけでプレイできるようになっています。いわゆるレトロゲームといった感じ。

↓このドンキーコングなんかもプレイできるんです。

あなたの好きなアイドルを勝手に診断(笑 ⇒ 好きなアイドル診断

レトロゲームとは、「古いゲーム」「昔のゲーム」といった意味で使われるが、プレイヤーの年齢によりその範囲が異なるため、世代によって多少のばらつきがある。オールドゲーム、懐ゲーなどとも呼ばれる。

それぞれのゲームの画面をクリックするとJavaアプレットの読み込みが始まり、読み込みが完了後、ウインドウをクリックすればプレイ可能になります。カーソルキーとCtrlキーやAltキーなどでプレイできるようになっており、アーケードゲームのエミュレータなのでちゃんとプレイ前にはコインの投入が必要だったりします。今のアーケードゲームと比較すると20数年で格段に進歩したのがよくわかります。

そういえば今週末の11月11日(土)はプレイステーション3の発売日ですが、こういうのを見ていると、高機能だから必ずおもしろいゲームができる、というわけではないようです……

日本の場合、家庭用機ならファミリーコンピュータ(ファミコン)以前、業務用機なら1980年代以前または1990年代初頭以前のゲームをレトロゲームとして指す事が多いようである。

アーケードゲームの場合は、ソフトウェアとハードウェアが一体で提供されるため、ゲーム性は必ずしも再生用ハードウェア性能に依存していない。またエミュレータの形で汎用のパソコン上でプログラムを擬似的に動かす技術もあるため、比較的年代の古いゲームでも、長期に渡って愛され続けている物が数多くある。

(引用:GIGAZINE