FC2ブログ
パソコンのメモリが壊れていないかメモリテストを行うフリーソフト「MemScope」・無料でダウンロードできる!画像、動画、壁紙、オンラインゲームなど、無料で入手する情報満載でお届けします!

スポンサーサイト

あなたのお笑いセンス、分析しませんか? ⇒ お笑いセンス分析

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パソコンのメモリが壊れていないかメモリテストを行うフリーソフト「MemScope」

あなたのお笑いセンス、分析しませんか? ⇒ お笑いセンス分析

半導体メモリ(はんどうたいメモリ)は半導体素子によって構成されたメモリで、磁気コアメモリなどの、より古くから存在するメモリ素子と比較して高速・高密度・低消費電力・大量生産が可能であり低価格に製造もできるなど優れた特徴を持つ。2006年時点ではコンピュータ機器に組み込まれる記憶装置としては最も一般的な素子である。

 

あなたの好きなアイドルを勝手に診断(笑 ⇒ 好きなアイドル診断

今回のフリーソフト「MemScope」はそういったメモリテストツールの一つ。新しくパソコンを購入した場合や、メモリを増設した場合にはメモリテストが必須です。メモリのエラーはハードディスクのエラーと違って見分けにくく、ウインドウズの調子が悪いのかな?というように誤解しやすいためです。また、購入直後であれば初期不良ということで無料でメモリが交換可能な場合がほとんどです。そのため、とりあえずメモリテストは必須。

特徴は、このソフトがもともとフリーではないと言うこと。ハードウェア全体のエラーを調査して診断するソフトウェアを開発している「Micro2000」というマイクロソフト認定パートナー(マイクロソフトは高い技術力のあるIT関連企業を認定パートナーとしている)が販売しているソフトウェア「Micro-Scope」に採用しているのと同じ機能なのです。そのため、信頼性はかなり高いと判断していいはず。

実行するにはフロッピーディスクやカラッポのCD-R、あるいはUSBメモリなどの起動可能なメディアが必要。

万が一、エラーが起きた場合には購入店にメモリテストでエラーが起きた旨を伝えれば交換に応じてくれます。交換後もちゃんとメモリテストは行っておきましょう。一般的には1ヶ月に1回程度ずつメモリテストを行えば、割と早期にエラーを発見できるようです。あと、メモリにエラーが起きたことが分かった場合の対処方法がわかりやすく以下にまとまっています。

メモリなどに代表される記憶装置は、コンピュータにおいて、情報の記憶を行う装置の総称。メモリ。現在のコンピュータにおいては、CPUが直接データをやり取りする主記憶装置と、外部媒体にデータを記録しておく補助記憶装置の2つに分類され、主記憶装置は半導体を使ったものであり、補助記録装置としては、磁気を使ったものが大部分となる。

記憶装置は、読み出し時にデータの内容を破壊してしまうもの(破壊読み出し)とそのまま残るもの(非破壊読み出し)に分けることができる。磁気コアメモリは破壊読み出しで、スタティックRAMは非破壊読み出しの代表的なものである。

(引用:GIGAZINE